ウエディングレポート

ウエディングレポート

サプライズってみんなを感動させる特効薬なんです!?

2009年12月15日

 小林0001.jpg小林0001_1.jpg               サプライズってみんなを

     感動させる特効薬なんです!?
 
 
 12月6日(土)健二さん由美子さんの結婚式・パーティーが行われました。(天気はイイのですが、風が強くて寒い!!)
 入館時から、新婦へのサプライズに緊張からか余り落ち着けない健二さん・・・・
 今日のスケジュールの最初は、写真だけに残すカクテルドレス&タキシードの撮影。赤と黒のコントラストが絶妙のカッコイイ新郎新婦姿を両家の皆さんも写真に残されていました。
キリスト挙式には、ご友人、親族全員が参加され、厳粛な雰囲気の中にも笑顔溢れる結婚式になりました。
 続いてのガーデンセレモニー(もちろん皆んなコート持参 笑)では、独身女性によるブーケトス、幸せの鐘を打ち鳴らし、笑顔イッパイのゲストのフラワーシャワーの中を進まれました。
 パーティーに移り、健二さんの堂々たるウエルカムスピーチの後、プロフィール紹介・・・・
そしていよいよ健二さんから由美子へのサプライズ。プロポーズの儀式(西洋では、男性が野に咲く花々を集めて花束にし、それを『求愛の言葉』と共に渡し、女性は承諾するとその中から一輪を男性の胸ポケットに入れる)
健二さんがゲスト全員から真紅のバラを受け取り、花束にまとめてプロポーズの言葉と一緒に由小林0001_2.jpg美子さんにプレゼント!由美子さんも感激のあまり涙を流されていました。
 ケーキカットは、健二さんの友人でパティシエの三笠さんが作られた生ケーキで行われました。せっかくなので、ケーキキャリー(サプライズ)を三笠さんの奥様とお子さんの詩織ちゃんに運んでもらいました。
 乾杯の発声は、由美子さんの姪っ子彩紀ちゃん!!元気に「乾杯」と言ってくれました。
 お色直しはそ小林0001_3.jpgれぞれのお母さんと時間差で退場。これもサプライズ。
 再入場はおなじみのマジカルポップ!しかし、これは二人へのサプライズ。健二さんの親戚、大阪の長野さんご一家が「みんなで楽しんでくれる演出をプレゼントしたい」とのTELを4月中旬にいただき、協議を重ね、内緒で7卓分を用意して下さいました。何にも知らない二人は、最初はビックリ(いきなりスティックを持たされ、長野さんのメッセージを代読されれば誰でもそうなるでしょう)
友人スピーチに続いてはエンジェルサービス。彩紀ちゃんと詩織ちゃんが花束を二人に持って行ってくれました。「緊張する」と言ってた詩織ちゃん。全然大丈夫でしたよ小林0001_4.jpg!!
 お楽しみのゲームは『新婦をさがせ』7名の女性の中からそれぞれと握手をして行き、見事に由美子さんを当てた健二さん、ご褒美のキスにうれしそうでした。
各テーブルの方々と二人の写真を撮るフォトサービスも無事終了。ゲスト全員との記念写真が残りましたね。
テーブルリレースピーチでゲストからお祝いのコメントをもらい、二人も感慨ひとしげ、打合せ時に「ぼく、当日3回は泣くと思います」と言っていた健二さん、がんばっていたのですが、妹さんのコメントにとうとう涙が・・・・・終了後「苦労しましたから」とポツリ・・・
うらやましい兄妹愛ですね。
 そして、いよいよ新婦の手紙~花束贈呈。ここでも又又サプライズ!二人から健二さんのお母様への《ぬいぐるみ付電報》司会者が読み上げると、お母さんも二人も大泣き。会小林0001_5.JPG場内に漣のように感動が広がりました。
 ラストサプライズは、打ち上げ花火(開始時に心配していた風も無風に)。冬の夜空に大輪の花火は、ゲストの皆さんも寒さを忘れて大歓声を上げていました。
 こうして、サプライズに溢れた一日が終了しました。
「ええ結婚式だったなぁ」「次に、なにが出てくるかドキドキした」「食事がおいしかった」などゲストの皆さんからたくさんの感想をいただきました。
二人とゲストの距離が短い、ほんとうに二人の新居に招かれたような素晴らしい一日だったなと思いました。健二さん、由美子さん、今日のドキドキ、ワクワクのたのしさをこれからの二人の新生活にも生かして下さい。
これからもずっとずっとお幸せに!!

お問い合わせは0883-26-1177へ

お問合せ・資料請求