ウエディングレポート

ウエディングレポート

お婿にもらいます。「お母さんて呼んで!」

2010年01月10日

   南0001.jpg 南0001_1.jpg

お婿にもらいます。「お母さんて呼んで!」      
リレースピーチで新婦鮎子サンのお母様の第一声です。
いつも陽気なお母さん当日も絶好調です。
 
すでに愛知県で生活をされているお二人、打ち合わせにもなかなか帰って来れない・・という事もあり結婚式の準備は、鮎子サンとお母さんでほとんど進めていきました。
 さて、お正月寒波で雪が心配される12日、剛英サン・鮎子サンの結婚式・パーティーが行われました。
 キリスト教式の結婚式が厳かに行われた後、ガーデンセレモニー(奇跡的に暖かく、風も無いイイ天気。鮎子サンが雨女だと聞いていたのですが・・・・)は、まずバルーンリリース。
剛英サンな合図で、カラフルなバルーンが青空に飛んでいきました。続いてはフラワーシャワー・・・・二人の笑顔が弾けました。
 パーティーでは、まず二人からウエルカムスピーチがあり、つづいてプロフィールを紹介
最後になぜかプロポーズの再現が・・・・・(これ、二人はもちろん我々も知らなかっ南0001_2.jpgた・・・
司会者が仕掛けたサプライズだったんです)
ケーキカット、ファーストバイトと順調に進み、いよいよお色直しに退場。鮎子サンが優太くん(6才)と隼人くん(9才)と先に退場。二人の子供さんは手に花束を持って鮎子サンを迎えに来てくれました。その後、剛英サンと統くん(5才)が同じように退場されました。
 再入場はお馴染みのマジカルポッ南0001_4.jpgプ。(これって毎回思うのですが、いつも大歓声なんですね・・・ポップな音楽に乗って、大きなバルーンを割って行くので大きな音が出て、ゲスト皆が盛り上がれるんだと思います)
席元での友人スピーチを新郎側、新婦側二人づつ頂いた後は、またまた子供さんの登場。統くんと愛茄ちゃん(3才)がポニョの曲に乗って、新郎新婦へお花のプレゼント。(この結婚式に参加している子供達、みんなマナーができていて、ほんとにおりこうさんばっかりでした)お返しのプレゼントは参列している子供全員6)に渡しました。
南0001_3.jpg余興では、新郎新婦へのサプライズ。嵐プラスワン隼人くん・優太くんとお父様の貴明様、
統くんとお父様の智義様の5人がプラスワンは果歩ちゃんで、「嵐」のワンラブを曲に乗せて踊ってくれました。これには新郎新婦をはじめみんながスタンディングして拍手喝采・・・すばらしかったです。インタビューで20回位練習したと答えていました
ゲスト全員からのお祝いの言葉などを新郎新婦に掛けてもらうリレースピーチでは、ほのぼのとしたお祝いのコメントが続いていたのですが・・・・・。ビックリしたのが今回のリポートのタイトルになりました(笑)。
鮎子サンのサンキューレターに心を熱くし、ホームパーティーのような一日が終わりました。
家族やかけがえのない皆様にあたたかく見守っていただいた、今日という日を忘れることなく、二人で力を合わせて明るく楽しい家庭を築いていってください。
また帰省の時にはぜひお寄り下さい!!

お問い合わせは0883-26-1177へ

お問合せ・資料請求