ウエディングレポート

ウエディングレポート

結婚式はみんなの思いが詰ってる?!

2010年09月25日

   城田0001_4.jpg城田0001_6.jpg 

結婚式はみんなの思いが詰ってる?!
高知県と愛媛県境の町、山城町。そして愛媛県と香川県境の町、池田町出身の佳治さんと明美さんの結婚式・パーティーが920日敬老の日に行われました。
お二人の支度が整うとまずはプロカメラマンによる二人の記念写真。両家のお母様もキレイな留袖(二人とも従来の御所車や鶴の柄ではなく、現代的な可愛い花柄で二人そろってもそれぞれが映えるようコーディネートされていました。チャペル留袖と言うそうで、二人一緒に行ってレンタルしたそうです。納得!!)に着がえて城田0001_3.jpg二人の晴れの姿をにこやかに見ておられました。
11時からのお二人の希望の人前結婚式には、ご親族を中心に33名が参加されました。まずは人前結婚式に不慣れな方が多いので、挙式のコンセプトを司会者から説明。まずは佳治さんが入場。その後、明美さんとお父さんが腕を組んで入場。お父さんから明美さんを佳治さんに受け渡す前にはシッカリと握手をしておられました。親心が感じられました。 ~ 二人らしい『誓いの言葉』を朗読 ~ リングリレー、31名城田0001_2.jpgみんなが大事に大事に二人の指輪を回し、二人に届けてくれました ~ 結婚証明書にお二人がサイン。立会人代表のサインは、サプライズで佳治さんの弟さんと明美さんの妹さんにお願いしたのですが二人とも最初は少しビックリしたようですが、落ち着いてちゃんとサインをし、全員に結婚証明書を披露してくれました。 ~ 誓いのキスではフラッシュがたくさん焚かれました。
そしてガーデンセレモニー、この辺りになるとお二人の緊張も解け、いつもの笑顔に・・・・まずは『幸せの鐘』を鳴らした後、皆さんのおめでとうの言葉とフラワーシャワーの中お二人が退場!
ガーデンでの集合写真には全員参加で、パティオで撮影しました。
そしていよいよパーティーに、ゲストの皆さんが待ち受ける中、二人が入場の予定だったのですが、この時明美さんの友達がお祝いに駆けつけてくれました。せっかくなので、お慶びの言葉をもらい、その後写真撮影。アンジェリーナは一日一組対応なので急なリクエストにも問題なく答えられます。そして二人並んで入場。まずは佳治さんからの城田0002_1.jpgウエルカムスピーチ。プロフィール紹介では、佳治さんが司会者からの第一印象は?の質問に佳治さんが、「居酒屋に入ってきた瞬間にこの人と結婚すると思いました。きょうバージンロードを歩いてくる明美を見てその瞬間を思い出しました。」と真面目に答えていました。
司会者からの親族紹介の後は、ケーキカット、お二人の前にたくさんの即席カメラマンが集合し、甘い瞬間を撮影していました。ファーストバイトはサプライズで両家のご両親にも参加してもらい、二人にお手本を見せてもらいました。両親のファーストバイトは、テレながらまたはにかみながら両親が出てきて食べさ城田0001.jpgせ合いをするのが、親族には大うけします。
シャンパンで乾杯して祝宴に、テーブルに並んだ食事に舌鼓を打ってもらい。しばし歓談。
余興はまずはカラオケ!!「あまり歌う人はいない」と佳治さんは言っていたのですが、始るとワレモワレモと・・・・・途中に各テーブルのゲストの皆さんと写真を撮っていくフォトサービスや、お祖父さんお祖母さんへの敬老の日のプレゼント贈呈を挟み、トリの歌は佳治さんが明美さんに捧げる『ライオンハート』を熱唱してくれました。
ゲスト全員によるリレースピーチは、二人に心温まるお祝いの言葉をくれました。印象に残ったのは新婦の叔父さんのコメント「佳治さん、明美を嫁にもらってくれて、ありがとう」でした。
城田0001_5.jpgそして、いよいよ明美さんのサンキューレターに胸を熱くして、おひらきとなりました。
おひらき後、ハネムーンに向かう二人を多くのゲストが残って万歳三唱で見送っていました。
車に缶を付けていたらもっと様になったかな?!
 
久しぶりにパーティー上手なゲストの皆さんでした。
お二人が相手を思いやる気持ちや、家族や親族に慕われているのがよく分かった一日でした。
佳治さん、明美さん!!今日の感激を忘れずいつまでもお幸せに・・・・。
徳島県結婚式場アンジェリーナ 徳島県結婚式場アンジェリーナ 徳島県結婚式場アンジェリーナ 

お問い合わせは0883-26-1177へ

お問合せ・資料請求