ウエディングレポート

ウエディングレポート

新郎新婦二人だけの結婚式!!(徳島県結婚式場アンジェリーナ)

2010年11月29日

                               新郎新婦二人だけの結婚式!!

11月22日イイ夫婦の日(全国的に結婚式が多い日なのですが、今年は友引にもかかわらず土日が重ならず月曜日)10月の末佐々木0001_2.JPG日に申込みをもらった忍サンと智津子サンの結婚式が行われました。2年ぶりに新郎新婦二人でのキリスト教式の結婚式です。
朝10時に来館した二人はさっそくヘアメイク。シンプルで大人っぽいウェディングドレス姿の智津子サン、ライトグレーの凛々しいタキシード姿の忍サン・・・・ステキなカップルの誕生です。
プロカメラマンによるツーショット撮影を済まし、牧師さんより結婚式の説明。二人と牧師さんの教会が近いとの事で、いつもより少し親近感がある結婚式になるかも?!
そして11時30分二人が腕を組んで入場。讃美歌312番「いつくしみふかき」は我々スタッフも一緒に歌いました。聖書の朗読~祝祷~式辞と順調に進み、誓約では二人とも大きな声ではっきり佐々木0001.JPGと「誓います」と答えていました。その後、指輪の交換~誓いのキス~祝祷~結婚宣言~誓約書に署名~讃美歌430番斉唱と100人の参列者がいる結婚式とまったく変わらない内容です。
ガーデンセレモニーには牧師さんやオルガニスト、シェフやサービススタッフ、写真スタッフにヘアメイクの先生、ランチに来たレストランのお客さんにも参加してもらってかなりにぎやかに・・・・・幸せの鐘を笑顔で鳴らした後、二人はゆっくりと皆の前をフラワーシャワーとおめでとうの声の中進んで行きました。最後に追っかけスナップを撮っていたカメラマンに、爽やかな笑顔のワンショットを佐々木0001_1.JPG残して結婚式は終了しました。その後二人でフレンチフルコースをレストランで食べて帰路に着かれました。実は忍サンも智津子サンも、二人だけの結婚式のため一番心配していたのはガーデンセレモニー・・・・・我々スタッフが20人ぐらいで華やかにお手伝いしますのでと答えたとおり、二人も大変喜んでくれました。
 最近、「入籍だけで結婚式はしない」人が増えていますが、人生の節目としてこの二人のような結婚式はいかがでしょうか?
爽やかな笑顔とありがとうの言葉を残して帰られた忍サン智津子サン、本当にありがとうございました。久しぶりにアンジェリーナの原点に立てた気がしました。
末永い幸せを今日ガーデンセレモニーに参加した全員が祈っていると思います。温かい家庭を築いてください。お幸せに・・・・・・・・

お問い合わせは0883-26-1177へ

お問合せ・資料請求